フリーエンジニアをめざすなら東京で

クライアント(企業)は、利便性の良さなどから東京に本社があることが多いです。例えば、クライアントが会社機能アップを図るために「システム化」をするとき、そのシステムをつくる判断は、金額の大きさから本社がシステム開発を始めるかどうかの判断をします。

しかし、システムを開発することに決定しても専門分野の違いや、技術の革新から自社だけではシステム開発はなかなか出来ません。

なので、システム開発を行うときには、システムの開発を一手に引き受けてくれるプロフェッショナルが集まるベンダーと呼ばれる企業に受注します。

そのベンダーもやはり東京に集中しているため、クライアントは様々なベンダーから予算にあう、また仕事内容に沿う案件を受け持てるベンダーを複数から選択することができるのです。

しかし、ベンダーが受注を受けたプロジェクトですが、大規模になるとベンダーだけでは手がたりなります。
そこで「ソフトウェア会社」の手をかりるようになります。この、ソフトウェア会社はたくさんのフリーエンジニアやプログラマなどをかかえており、ベンダーからの案件にマッチした要請に応えるように人材をそろえてくれます。

やはりこのソフトウェア会社も東京に多いのが特徴なので、エンジニアやプログラミングといったIT関連の仕事をする人材も東京に集まるのです。

結局は「仕事の案件がたくさんある」東京に、会社に属するエンジニアも、属さないフリーエンジニアも集まってしまうのは必然です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です