最近活躍しているフリーエンジニア

フリーエンジニアは、C言語やBasic言語、Java言語のプロフェッショナルであることが多いです。一般的には、東京などの派遣会社に所属していて、プログラマを必要とする企業に派遣されます。

かつては、派遣社員といえば、誰でも行うことができる書類作成やコピーなどの雑用業務であることが多かったですが、フリーエンジニアの誕生後はそのイメージはガラッと変わっています。

近年では、正社員でないのにもかかわらず、プロジェクトの責任者として働くこともあるくらいです。

フリーでいることには、メリットもあります。通常は、派遣会社経由で仕事の依頼が来ますが、フリーでいる場合は、気に入らない仕事を断ることも可能です。自分が興味がもてて、専門分野のみの仕事を続けられるので、そのスキルも益々向上します。

また、就業のスタイルも自由に選ぶことができる場合もあります。派遣先の企業に籍を用意してもらう場合や、特別な部屋を要してもらう場合、場合によっては自宅で業務を行うことができる場合もあります。仕事のサイクルも、自分のペースで請け負えるのもメリットの一つです。

ただし、フリーエンジニアの場合は、個人事業主扱いとなるため自分自身での確定申告が必要になるので注意が必要です。

メリットやデメリットがありますが、自分の専門分野を徹底的に追求した業務を続けたいのであれば、東京でフリーエンジニアとして活躍するのも一考の価値があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です